FC2ブログ

バリのたてもの

01

Category: スパリゾート テンボック

Comment: 0  Trackback: 0

SPA VILLAGE RESORT TEMBOK スパリゾート テンボック 1

36-01.jpg




今回のテーマは「スパに泊まろう!」です。



36-02.jpg




海沿いや渓谷沿いに建つホテルは
メインストリートからこの様導入路を設けています。
間口を細くし、奥行きを出すことで、
これから非日常空間へと向かう演出がされているかのようです。




36-03.jpg




セキュリティーゲートです。
メインストリートからは見えにくく、
ロビーからも見えない絶妙な位置にありました。

従業員用のゲートは別の場所に設けてあり、
物資の搬入はそちらからとなります。



36-04.jpg




こちらがロビーです。
天井が高いだけで風が良く通り抜けて
涼しく感じます。

日本の夏を快適に過ごす方法で
私がひそかに考えているのは

屋根の上にもう一枚屋根を懸ける方法です。

たとえば屋上バルコニーの上に天井の高い三角屋根を
もう一枚増やします。
その屋根の上には太陽光発電を、
バルコニーには水を張り、浴室やキッチンのお湯と
して活用するのです。
使いきれない場合は水蒸気でタービンを回して、
自家発電に回します。

どのお宅も屋根の高さやライン、風の通り道を合わせれば
日本発環境共生住宅ができるのでないでしょうか。



36-05.jpg




ロビーからコンコースを抜けてガーデン、プール、ビーチへと向かいます。



36-06.jpg




ホテルに到着してからまっすぐ部屋に向かうのではなく、
スタップの方の案内で施設内を巡っているのです。








左手奥の宿泊棟が今回の部屋になります。


36-07.jpg




プールでは気持ちよさそうに泳ぐ人がいました。



海と一体感を生むデザインです。


36-08.jpg




島北側の村外れなのでビーチはとても静か。

日の出前に自然とランニングをしてしまいました。


36-08.jpg




こちらはビーチ前の2棟のビラです。

とても人気で随分と前から予約の準備をしていたのですが、
すでに埋まっておりました。


36-010.jpg




部屋に到着しました。
こちらでスタッフの方とチェックインをしながら説明を
伺いました。

後にご紹介しますが、ホテル内の楽しみが数多く用意されていて、
部屋そのものの滞在時間は少なくなるため、
私にとっては必要十分な空間でした。


36-011.jpg




クイーンサイズのベットです。

セミダブルベットを繋げているので、
互いの振動をやわらげてくれる効果があります。

日本の住宅ではここまで大きなベットは
難しいかもしれませんが、

シングルベット+シングルベット
セミダブルベット+シングルベット
の組み合わせで一体にするのもリッチな感じがして
よいのではないでしょうか。

36-012.jpg




ベランダです。
奥行きも2m位あり、屋根付だと
読書やシエスタにも使えて本当に便利です。

日本のバルコニーは奥行きが90cm程度で
屋根無しなので洗濯物と布団干しで終わってしまいますが、
もう少し伸ばして屋根をつけるだけで
心豊かに生活が出来るのです。


36-013.jpg




バスルームです。

こちらのガラスパーテーションも
あと30mm右に増やしてもらうだけで
水はねが随分と緩和されると思いますが、、



36-14.jpg

バスタオルも丸めます。











↓よろしければクリックおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へにほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment

プロフィール

バリシゲ

Author:バリシゲ
バリ島で撮り貯めたリゾートホテルの写真を紹介させていただきます。鳥の声、波の音、風の流れ、、、ゆったりした時間を感じて頂ければ幸いです。  湯山シゲユキ

http://atshige.com/

↓バリは歩きやすい靴必須!
カテゴリ
最新コメント
カメラとか、持って行く?
やっぱり本も!
ブロとも申請フォーム

当ブログの画像を転載・複製する際には
一声おかけください。